マラッカ2


1日目:ショップハウスが並ぶジョンカーストリートを歩く。観光客と車に少しストレスを感じて早々に川沿いのカフェでビールで乾杯する。妻が久しぶりにリラックスしているのがわかる。イスタンブールの時もそうだった。日常を置いて、日本語でない場所まで来ると本来の伸び伸びした自分に戻るのだろう。今夜も、明日も、心配事はない。締切も交渉もない。コミュニケーションは自分がしたい時にしたい人とだけすればいい。
マラッカはいい空気だ。海峡の街だからか、湿気がないそよそよとした風が日陰を抜けていく。夕方からはホテルの地図を頼りに小さなレストランを探して歩く。小一時間迷走して(地図に道路が2本足りなくて迷った)休業だった。近くの屋台で軽くつまんで、タンドリーチキンで有名な屋台で食べ直す。地元の人が車でどんどんやってくるだけのことはある。香りがいい。
2日目:二人とも行きたいところは似ている。郊外の中国人墓地がある公園へ歩きだす。珍しく極端に道に迷う(理由はあるのだが)。立ち話をしたロンドンの老夫婦の言葉遣いの美しさと礼儀但しさが嬉しい。娘さんは松本に住んでいるのよ、という具合に、こういうところを夫婦で気負いもなく旅をしている人たちはどこか生き方が開けていると思う。
帰りにまた川沿いカフェに寄ると、店のオヤジは少し愛想が良くなっている。食堂で茹でたピーナッツスープ(お汁粉?)とワンタン。ガイドブックに乗っているお店に行くと今ひとつ感慨がない。夕方はホテルの中庭で本を読み(現代写真ガイドブック)、近所のバーで夕涼みして、またタンドリーチキンを食べに行った。ホテルに蚊がいないなぁ、と感心していたらスタッフが肩下げの噴霧器でもうもうと殺虫剤を振りまいていた。写真はこっちにも。http://www.flickr.com/photos/nobyas/

広告を非表示にする
copyright Nobuo Yasutake