タイガーエアーのブッキング

120日に予約したはずの台湾行きの航空券を確認していないことに気がついたのは、出発まで3週間ほどになった3月の初めだった。

最初はMacのメールボックスを検索したが、見当たらない。間が抜けたことに、どの航空会社かも記憶にない。しかしiPhoneのメールにはOCN宛にTiger Airからの予約メールが残っていたので、該当の航空会社のサイトに発券番号で問い合わせすると、ないという。あれれ、とTiger Airの専用アプリをインストールしてみたら、予約されている。しかし往路のみで復路が確認できない。

ここから3つの手段で確認してみた。

1つは、普段は使わないもう一台のMacでメールサーバーを検索したが、1ヶ月前から自動削除されている。なぜだろう。そこでOCNのサーバーでメールを探してみる。電話で聞いてみると何らかの理由でサーバーからも該当日の記録が削除されていた。(その理由はオペレーターもわからないという)

2つめに、妻にシンガポールTiger Airに電話で問い合わせを頼んだ。日本の事務所の電話は閉じていた。「ごめんね、行きの予約しかないよ」と向こうの国で女性が言う。やはり。

相前後して、カード会社の明細に、航空券の引き落としでeDreamsという会社名があった。どうみても往復料金に思える。

実はこの時点で、自分のミスで復路を予約していないのではないかとの不安に苛まれていた。しかし、復路だけの予約はネットからはできない。

さてeDreamsという会社は、口コミによると問題が相当に多い。予約されていないという苦情だらけ、急ぎの場合は避けるように、と言われている。やれやれ。この年齢になったら格安航空券は使っては駄目だな。

結果的に、eDreamsに何度かの問い合わせと消費者センターへ報告する旨の脅しが聞いたのか、「帰りの航空券が取れたよ」とスペインの本社からお知らせがあったのが、出発の1週間前だった。なぜかJALになっている。

 

f:id:nobyas7:20170324172956j:plain

台北に着いたらすぐにここねw。大人気で行列待ち20分だった

広告を非表示にする
copyright Nobuo Yasutake