デザインについて考える合宿2017

骨折の痛みが治まらないまま、学生31名と直島へ行く。事情があって非・電動自転車で移動したが、立ち漕ぎもできない身体の不自由さを思い知らされた。夜の山道を押して歩くことになろうとは。

デザインの学びについて、いわば利用者の傘を借りるのではない、自前の洞察力を鍛える必要性に気づくことが目的だ。4年、3年は勘がいい。私がメモした「旅とアートの価値」にほとんど近い問いを持っていたのを嬉しく思う。今後はこれらインサイトから、特定のサービスを考案することになる。

4年の全員が「島ロス」が1ヶ月以上も続きましたという。この学年は伊東市熊本市、福岡市と段階的にダイバーシティに気づく旅をしてきたが、それらが有機的に結びついたのだろう。空や木々を見ても愛おしさを覚えるらしい。私の仕事は学究的な知見や社会的な成果につながらず、ただ人の心の中に小さなロウソクのような熱を生み出す程度なのだろうが、それはそれで良いと思う。

 

旅とアートの価値とは、向き合うことから 力が生まれること。

 

旅とは、向き合うことを強いる。

世界に・季節に・大地に・過去に・民族に・理不尽に・無力に・匂いに・暑さに・体力に・気力に..

なぜなら、私たちは普段、向き合わない(なくてすむ)ように、様々なしくみを作って生きている。

より安全に、平熱に、疑いや畏れにさいなまれないように、

 

アートも、同じ。

私たちに向き合う力を呼び起こすもの。

 

f:id:nobyas7:20170826194544j:plain

f:id:nobyas7:20170827102709j:plain

f:id:nobyas7:20170827161351j:plain

広告を非表示にする

鎖骨を折って知ったこと

53日に韮崎市の農道で、歩くようなUターンで転倒したら、ヘルメットのチンガードで鎖骨が折れた。

治る経過で分かったのは、生活に障害があるのは、骨が治癒するまでよりも、その後のリハビリの方だということだ。

7月上旬に固定のベルトを外すまでは、肩が固定されているため洗髪も苦労していたし、Macbook pro程度と持つのも不安だった。2ヶ月程度の不便と考えていたが、外してみたら左の肩から肘、首から背中までがしくしくと痛い。仕事中も運転中もくつろいだ時も寝ている時も痛い(笑)。7月下旬から痛み止めを処方して、8月下旬から筋トレを始めて、少しづつ動くようになった。

108日現在で、稼働域は健常時の6割程度か。

9月下旬にGSを動かした。5月に軒下に入れたままの状態だった。線路までの何ということもないくだり坂で、膝の間の車体の、たっぷりしたサスのストロークでギャップをいなす動きの親密さにとてもほっとした。まだ、左肩が回らないため、取り回しと乗り降りの動きに顔が歪む。筋肉もずいぶん落ちた。身体に自信がもてないから、怯えがある。僕は勇気を呼び起こすために乗っている。                                                                        

f:id:nobyas7:20171008165038j:plain

広告を非表示にする

2016年に行ったところ_1

3月の四国

2月に525ツーリングに代わり、V40 CrossCountryに乗るようになったので、ロングドライブでしまなみ海道を通って道後温泉まで。観光地には関心がないので、書店で本を買いスタバで読みながらゆったりする。こうした普通の時間がぜいたく。

二日目は松山から高知へ山を越える。砥部焼の窯元をいくつか回りながら、大東アリンさんの東窯でご本人から器を買う。夜の温泉街でそのカップを見た時は迷ったのだが、窯元を歩きながら検索すると、数分のところに彼女がいることがわかった。不思議な縁だ。フィリピンの人だからだろう、器の形をした絵のように軽やかで、「陶芸」の伝統がなくて助かる。

http://alyne.jp/#tab01

f:id:nobyas7:20160323145736j:plain大東アリン氏のアトリエ

四万十川沈下橋をいくつか巡って、高知市に。数年前から作家に人気だと聞いていたし、最近の移住先でも注目されているが、夜の街を歩くと小さなバーレストランに大勢の人がいる。店構えもいる人たちも、22時を過ぎても賑やかで強い華やかさを感じる。ああ、この街なら気持ちが広がりそう。

泊まったセブンデイズホテルも素敵だ。https://7dayshotel.com

第36番札所の青龍寺に立ち寄る。四国は、大きな島だからだろうか、何かぎゅっと詰まっている。好きになる。

http://www.88shikokuhenro.jp/kochi/36shoryuji/index.html

V40が初めてのディーゼルエンジンになるが、自動車評論家が文章化するとおり、巨大な手の平で後ろから腰を押され続けるように、じっとりと豪快に速い。1560kgの車重に対して190psと40Nmは十分すぎるといえる。燃料をいつ入れたのか、思い出せないくらいに燃費がいい。

 

f:id:nobyas7:20160323224843j:plain

 

 

 

広告を非表示にする

共鳴する都市文化

台北で感じるのは、本を読むのが好きな人たちなんだろうなぁ、ということだ。数年前から話題の誠品書店を少し覗くと、若くて身だしなみがいい人達(大抵はサイドを刈り上げた髪型とモノトーンの軽いシャツ、ジャケットを羽織っていて、清潔感たっぷりの男性たち)が、本気の姿勢でハードカバーを立ち読みしている。20分くらいはそのままの姿勢でしっかり読み続けられそうな、重心の置き方が見事だ。

書店がファッションやカフェや雑貨と一体化している業態は、気の利いたミュージアムショップのようで、自分はミドルクラスの住人だぞ、という帰属意識や幻想のようなプライドを生み出してくれる。

台北と東京とでは、オシャレ文化の波及時差はないし、どちらが先ともいえないほどに共振しながら、「今、こういうのがかわいいでしょ」という文化ふりかけを旅人に巻き続けている。

f:id:nobyas7:20170324212201j:plain

 

広告を非表示にする

孤独の安らぎ

台湾南部の阿里山地域は有名な行楽地だが、大地の造形は険しい。標高1,500mあたりのB&Bに2泊して、山塊の中腹に位置するデッキから、飽きるともなく、尾根の木々や視線の下に広がる家、お茶の向上や車の修理場や、おそらくは宿泊施設、を見ていた。

夜になると、そんな下界の道路には、20メートル間隔くらいに電灯がつく。緩やかに曲がる道路が、照らされたところだけが半円状に浮かび上がるその光景に、私は強く惹きつけられる。

あの道路を車か、モーターサイクルで走る自分がいて、その視界から、ところどころに明るくて、でも絶対的に真っ暗な闇の空間が見える。

かなり寂しい、心が冷えるような感覚がある一方で、手もとの機械に対する信頼や、困難に立ち向かっているような、暖かい勇気も感じることができる。

こんな光景は、これまでにも数多く経験してきた。夜の道。自分を強く信じることが、安全にたどり着くために必要な手触り。

モーターサイクルに乗る人だけではないだろうが、孤独に近づくことは、豊かになることでもある。

f:id:nobyas7:20170330195816j:plain

f:id:nobyas7:20170329182344j:plain

f:id:nobyas7:20170329162059j:plain

 

広告を非表示にする

タイガーエアーのブッキング

120日に予約したはずの台湾行きの航空券を確認していないことに気がついたのは、出発まで3週間ほどになった3月の初めだった。

最初はMacのメールボックスを検索したが、見当たらない。間が抜けたことに、どの航空会社かも記憶にない。しかしiPhoneのメールにはOCN宛にTiger Airからの予約メールが残っていたので、該当の航空会社のサイトに発券番号で問い合わせすると、ないという。あれれ、とTiger Airの専用アプリをインストールしてみたら、予約されている。しかし往路のみで復路が確認できない。

ここから3つの手段で確認してみた。

1つは、普段は使わないもう一台のMacでメールサーバーを検索したが、1ヶ月前から自動削除されている。なぜだろう。そこでOCNのサーバーでメールを探してみる。電話で聞いてみると何らかの理由でサーバーからも該当日の記録が削除されていた。(その理由はオペレーターもわからないという)

2つめに、妻にシンガポールTiger Airに電話で問い合わせを頼んだ。日本の事務所の電話は閉じていた。「ごめんね、行きの予約しかないよ」と向こうの国で女性が言う。やはり。

相前後して、カード会社の明細に、航空券の引き落としでeDreamsという会社名があった。どうみても往復料金に思える。

実はこの時点で、自分のミスで復路を予約していないのではないかとの不安に苛まれていた。しかし、復路だけの予約はネットからはできない。

さてeDreamsという会社は、口コミによると問題が相当に多い。予約されていないという苦情だらけ、急ぎの場合は避けるように、と言われている。やれやれ。この年齢になったら格安航空券は使っては駄目だな。

結果的に、eDreamsに何度かの問い合わせと消費者センターへ報告する旨の脅しが聞いたのか、「帰りの航空券が取れたよ」とスペインの本社からお知らせがあったのが、出発の1週間前だった。なぜかJALになっている。

 

f:id:nobyas7:20170324172956j:plain

台北に着いたらすぐにここねw。大人気で行列待ち20分だった

広告を非表示にする

PBLで失われるもの

2016年度は、主に未来デザイン研究会に対して9つのPBL(課題解決型の教育)を行った。20余名の学生は一人あたり最大3つほどのプロジェクトに関わりながら、あわただしく一年を過ごしたことになる。

進路を決めなればならない学生にとっては、こうした専門的で社会的な活動に関わったことが自信になることは明らかだろうが、その一方で、同じような時間と労力を、違う勉強に費やしていたら何を得られたのか、と比較することは意味があるし、PBLが内包している価値と課題が明らかにもなる。

学ぶことを、自分自身の変容をもたらすものとして考えると、PBLは現実の社会問題を大人と一緒になって解決するという点で、学生の「態度が変わる」機会となることに大きな意味がある。しかし、大人たちの存在に良くも悪くも左右される点を見落としてはいけない。例えば、都内のICT企業と静岡の企業とでは、企業がPBLに求めるアウトプットの違いが大きい。前者ではデザインシンキングを前提に、学生や研究室と対等にチームを組む意欲があるが、後者は学生をお客扱いか、余興程度に捉える場合もある。その背景には、静岡の企業の多くは、課題の解決について、担当部署に決定権がないということだ。こうした組織の「古さ」が、教育にとっての品質低下、学生の変容をスポイルすることにつながる。

優れた教育成果を生み出すにはは、企業のどのポジションの人間が担当なのか?その人には解決の意欲があるのかどうか?この点を評価しなければならない。同じ時間で、しっかりと理論を理解する方が、変容をうみだす体幹を鍛えることになる方が多いように思う。

写真は2月に神田神保町で開催した、逆求人のサービスデザイン「出張ラボ」

https://www.facebook.com/未来デザイン研究会-529116870501505/

 

f:id:nobyas7:20170204164155j:plain

広告を非表示にする
copyright Nobuo Yasutake